Hibi_no_thought.

いきるためのものづくりについて考えたあれこれ

聴覚的備忘録 [旧譜編] 2017.01〜06

長いこと聞きたかったから買ったり、何となく借りてみたり。
今年から聞き始めて、当時よく聞いてた10枚。
(春先とか何聞いていたかあまり鮮明に覚えていない)

 

-

 

年明けて割とすぐに買って、飽きもせずずっと聞いてる。
ホット・チップは、今年火がついて旧譜をほとんど耳にしたのだが、結局これに戻ってくる。
この空気感を名付けるならば『ナイト・ウェーヴ・ダンシング』って感じで!

 

  • The Naked And Famous | In Rolling Waves - 13/09/13

昨年出た3rdが店頭に無く、では旧譜から入ろうとなって買った2nd。
このあと1st→3rdと聞くことになるのだが、ロング・フェイバリットはこれ。
ポップさでいくと確実に1st〈Young Blood〉とか大好きなんですけれど、どっちかだけだと物足りなかったり。

 

  • Unknown Mortal Orchestra | Unknown Mortal Orchestra - 11/06/21

2月か3月に渋谷で観た来日公演がそれはもう良くて!
「あ、これは生涯のランキングでも上位だ」となっています。
おまけにOAでテンパレイ、ニュー・モードもクール。

 

  • Cymbals | That's Entertainment - 00/01/21

〈Love you〉ライヴ盤はずっと聞いていたのだが、数年前にリリースしたリイシュー盤を店頭でよく見かけていたので触発されたり、何より土岐さんが素敵なので!

 

4月によく聴いていた。
この春、お子さんが誕生されたそうで本当におめでたいです。

 

  • Yes | The Ladder - 99/09/20

目を丸くする、を耳に置き換えるとどういった諺を当てはめればいいのでしょうか
ここ数年でイエスの端から端までを集めているのですが、この一枚には本当に腰を抜かしました。
分かり良いジャパニーズ・ポップスの中で産声を上げたような世代の聴覚なんて、人生の先輩方からしたら大したことないんでしょうけれど、それでも70年代からのレジェンダリーの奏でた音像がこんなにも鮮明にくっきりと聴こえたことはなかったです。
音楽というものが更に好きになった、目覚めの一枚となりました。

 

テレビの中で繰り広げられるまるで他人事のようなヒット・チャートに、一見の身で暖簾をくぐる如く低姿勢でお邪魔している気分でポップ・ソングを意識的に吸収しているここ最近。
微笑まず睨みもせず、ずぶっとナイフを突き刺されているような一枚だと思います。

 

多分、これが普通と思っちゃいけないんだろうな。
ジャスト・ハロプロ世代(と思っている)だからこそ今まで知らなかった部分ばかりだと気がつきました。

 

  • 髭 | ねむらない - 15/10/07

『不協和音が全く起こってないところに見える歪み』ってめちゃくちゃ興味深い。
人の想像力がある限り、見えるものも見えないし、見えないものも視える。
自主レーベル〈Creamy Records〉の名にその何たるかがみて取れる気がしたり、彼らの《感触のしない感触》がずっとすごく好みです。

 

長らく読んでいる小説の題材から、サマー・タイムを集め続けています。
何度も聴いているのに、未だにどんな曲かわかっていないんですが・・。
(ジャズの見識が全然ないので)
よく分からないまま長いこと続けている先に、何かあるんじゃないかと無責任に思いながら続けている“趣味”です。

広告を非表示にする